子どもの救急

まず、あわてないで!子どもの状態をしっかり確認してから行動しましょう。

こどもの救急 パンフレット

こどもの救急

市内医療機関一覧とマップ
こちら
当月の休日当番医・歯科・薬局一覧表
こちら
(日曜・祝日 9-16時)
 ①南相馬市 ホームページにスマートフォンから休日当番医で検索。
 ②テレビでみなみそうまチャンネル(受信の再スキャン)のメニューから確認。
  生活情報>病院・健康情報>休日当番医>毎月の当番医表へ。
夜間小児科・内科初期救急医療 (祝祭日・年末年始。必ず連絡を入れて)
小野田病院 (原町区旭町3-21) 0244-24-1111 
   受付時間 19時から21時30分
   診療日  日曜日・土曜日・祝祭日と12月31日~1月3日
   診療科  小児科・内科
   持参物  各種健康保険証 医療費一部負担金免除証明書
    ※小野田病院の診察券がある方は持参下さい。
子どもの状態を入力すると対応が大まかに判別できます。
こちら
福島県 こども救急 「電話相談」 ♯8000へ電話
(受付時間 毎日19時から翌朝8時)

夜間にお子さんの具合が急にわるくなったとき
医師や看護師が家庭での対処法などをアドバイスします。

短縮ダイヤル♯8000 (固定電話プッシュ回線、携帯電話)
または 024-521-3790 (固定電話アナログ回線)

中毒110番! 何かを飲みこんだ!誤飲した時の全国電話相談窓口

▶大阪中毒110番 (365日、24時間対応) 072-727-2499
▶つくば中毒110番 (365日、9時〜21時対応) 029-852-9999

▶タバコ誤飲専用電話 (365日、24時間対応) 072-726-9922

 ※テープによる一般市民向け情報提供
救急車(119番)の呼び方
①「救急車をお願いします」と言って、次のことを伝えましょう。
 □お子さんの年齢・名前  □住所・電話番号・場所の目標となる建物
 □お子さんの症状と経過
②救急車を待っている間、.次のものを準備しましょう。
 □健康保険証   □母子健康手帳  □お薬手帳 □携帯電話(充電器)
 □体温表など経過の分かるもの □着替え・オムツ  □お金
 □できれば、飲み残しの容器、吐いたものなどを持っていきましょう。
  (ノロウイルスの疑いのある場合は危険。事前に伝えておくこと。)
③救急隊員が来るので、玄関の鍵を開けておきましょう。
 家族や近所の人に、救急車が到着したときの誘導をお願いしましょう。
④家を出る時に火元の確認!戸締まりを忘れずにしましょう。
⑤救急隊員、お医者さんに「何を」「どれ位の量」飲んだのか?吐いたか?
 吐いた場合、何回くらい吐いたか?を伝えましょう!
page top