健康・医療・安全

予防接種、医療機関情報、病気や災害への備え、防犯など

お子さんの健康・安心・安全を守りたい。
病気や事故や災害などを予防し、子育てファミリーならではの備えをしましょう。

お子さんの健康・安心・安全を守りたい。

病気やケガのときには

休日の急な怪我や病気のときには
詳しくはこちら
夜間の急な怪我や病気のときには
詳しくはこちら
市内の医療機関マップ(健康づくりガイドブック)
詳しくはこちら
小髙病院の再開について
詳しくはこちら

病気を予防しよう、備えよう!

外から帰ったら、うがい、手洗いをしましょう。
予防接種を受けましょう。
一覧はこちら

乳幼児健診では歯みがき指導を受けましょう。

県民健康調査を受けましょう!

県では東京電力福島第一原発事故を受け、長期にわたり、県民の健康を見守り、県民の安全・安心の確保を図ることを目的に県民健康調査を実施しています。
お子さんを対象として「小児健診」や「甲状腺検査」を実施しています。

詳しくは、
福島県立医科大学(ふくしま国際医療科学センター・放射線医学県民健康管理センター) 
月曜日~金曜日 9時~17時 024-549-5130   詳しくはこちら

事故から子どもを守りましょう!

子どもはどんどん成長しています。
「まだ寝返りできないから」「ここまで手は届かないから」といった油断は禁物です。
大人がちょっと注意することで防げる事故もたくさんあります。
注意点や相談窓口を下記サイトなどで確認しておきましょう。

中毒110番!誤飲した時の電話相談窓口(全国対応)
  • ▶大阪中毒110番 (365日、24時間対応) 072-727-2499
  • ▶つくば中毒110番 (365日、9時~21時対応) 029-852-9999
  • ▶タバコ誤飲専用電話 (365日、24時間テープ対応) 072-726-9922
消費者庁「子どもを事故から守る!プロジェクト」 
内容はこちら
国立保健医療科学院「子どもに安全をプレゼント~事故防止支援サイト~」
内容はこちら
日本赤十字社「とっさの手当、予防を学びたい」
こどもの手当・水の事故防止などの手当の説明
内容はこちら

犯罪から子どもを守りましょう!

子どもを狙った犯罪、心配ですよね。
子どもが犯罪に巻き込まれないように不審者に関する出没情報や防犯の方法などを知っておきましょう。

警視庁 子どもの「防犯チェックポイント」
詳しくはこちら

災害・事故に備えよう!

市民交通災害共済
詳しくはこちら
市役所生活環境課 0244-24-5240
小高区役所市民福祉課 0244-44-6711
鹿島区役所市民福祉課 0244-46-2113

交通事故にあわれた場合に見舞金等を支給します。

加入資格 南相馬市の住民、または外国人登録をされている方。
(住民票を異動しないで市外に避難している方も含む※年齢制限なし)
年会費 1口 500円(1人1口)
共済期間 4月1日~翌年3月31日

地震・津波・洪水などの災害は、いつ起こるかわかりません。
そのときのために、非常用持ち出し品の準備や避難場所の確認など日頃から備えることが大切です。

南相馬市危機管理課のページ
こちら
 
緊急情報等メールサービス(無料)
こちら
南相馬市 防災マニュアル(新版)
こちら
南相馬市 地震・津波・洪水ハザードマップ
こちら
福島県「災害速報」 
こちら
災害時要援護者名簿(乳幼児・妊産婦)の登録  0244-23-3680
妊産婦さんや乳幼児など、災害時に支援を必要とする方が対象です。
名簿へ登録しておくと災害時の安否確認や避難誘導などに活用されます。

子育てファミリーに必要な防災準備

通常の非常用持ち出し品に加え、小さなお子さんがいるご家庭は、次のようなものを用意しておきましょう。

【共通】
母子健康手帳、保険証、診察券、常備薬、マスク、ホイッスル、ウエットティッシュ、着替え(親子の下着)、タオル、生理用品、スリッパ、レジャーシート、大きいポリ袋など
※お子さんに合わせて、避難用に常時セットしておくことをおすすめします。
【妊婦さんのいるご家庭】
脱脂綿、大きなガーゼ、さらし、T字帯、洗浄綿および新生児用品(肌着など)、ティッシュ、ビニール風呂敷、新聞紙、石けんなど
※産期にもよりますが、生まれることも予測に入れておきましょう。
【乳児のいるご家庭】
ミルク、哺乳瓶、離乳食、水、スプーン、紙おむつ、おんぶひも、バスタオルまたはベビー毛布、ガーゼなど
【幼児のいるご家庭】
紙おむつ、ガム、お菓子、おもちゃ、絵本、筆記用具など

連絡方法の確保:災害伝言ダイヤル

災害時は、電話がつながりにくくなり、家族や親類などへの安否確認が困難になります。この災害用伝言ダイヤル「171」に家族や親類などへの伝言を録音すると、後で家族がこの番号に電話して、伝言を再生することで安否が確認できるようになっています。詳しくはご家庭のハローページをご覧ください。

page top