経済的なサポート

児童手当や医療費の助成など

子どもの教育費や医療費など、子育てにはどうしてもお金がかかるもの。
子育て家庭を支えるための公的な助成が多数ありますので、手続きなど、忘れずにチェックしてください。

子育て家庭を支えるための公的な助成が多数ありますので、手続きなど、忘れずにチェックしてください。

このページのお問い合せ こども家庭課 0244-24-5215

児童手当

中学校卒業前までのお子さんを養育している方に支給します。

児童手当は原則、申請月の翌月からの支給となります。ただし、出生日や転入した日(異動日)が月末に近い場合、申請日が翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば申請月分から支給します。申請が遅れると、原則、遅れた月分の手当てを受けられなくなりますので、ご注意ください。

必要な書類:保護者の保険証と預金通帳、マイナンバーカード。 詳しくはこちら

支給月額(子ども1人あたり)

0から3歳未満
15,000円(一律)
3歳から小学校卒業前
10,000円(※第3子以降は15,000円)
中学生
10,000円 (一律)

※「第3子以降」とは高校卒業までの子どものうち、3番目以降をいいます。

子ども医療費助成

18歳までのお子さんの医療費(保険診療にかかる自己負担額)を助成します。
お子さんの保険証ができてから登録申請できます。
医療費の助成を受けるには、受給資格の登録手続きが必要です。「子ども医療費受給資格登録申請書」をお送りください。

必要な書類:お子さんの保険証と保護者の預金通帳(郵送の場合は写しと申請書)
(転入された方で未就学児がいる場合は、受給者となる方の所得課税証明書が必要です。) 

市外(相馬市、新地町以外)で受診された方へ
一度、医療費の一部負担金をお支払いください。領収書(診療年月日、診療点数、請求金額、医療機関名と領収印のわかるもの)を添えて「子ども医療費助成申請書」をお送りください。1ヵ月単位で、1か所の医療機関につき1枚申請書が必要となります。

詳しくはこちら

送り先:
〒975-8686 
福島県南相馬市原町区本町二丁目27
南相馬市役所 こども未来部 こども家庭課

ファミたんカード

全国で使えるようになりました。福島県内は約4,000店あります。18歳までのお子さんを育てている家庭に物販、飲食店などで特典があるカードです。

詳しくはこちら

多子世帯子育て応援支援金

第3子以降のお子様が出生又は小学校入学した方に支給します。

支給金額と手続き

  • ・第3子以降の子が出生したとき:30万円/人
    出生から30日以内に申請ください。
  • ・第3子以降の子が小学校入学したとき:10万円/人
    対象者に市から案内を送付しますので、期限内に申請ください。
必要な書類:保護者の本人確認書類、預金通帳、戸籍謄本

児童扶養手当

父または母と生計を同じくしていない18歳までの児童が育てられているひとり親家庭などの生活の安定と自立を助けるために支給される手当です。

詳しくはこちら

特別児童扶養手当

心身に重度または中度の障害のある20歳未満の児童を監護している人に支給します。

詳しくはこちら

ひとり親家庭医療費助成

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの児童を監護している配偶者のない父親または母親とその児童、父母のいない児童の医療費の一部を助成します。

詳しくはこちら

ひとり親家庭養育費確保支援

養育費に関する公正証書の作成費用に最大3万円、保証会社などが養育費の立て替えや不払い時の督促を行う契約の費用に最大5万円、それぞれ補助します。

ひとり親家庭総合支援事業

  • ・自立支援教育訓練給付金
    就業に役立つ教育訓練講座を受講する場合にその費用の一部を支給いたします。
    受講前に審査が必要となります。
  • ・高等職業訓練促進給付金
    就職に有利な資格を取得するため、1年以上就業する場合に最長48ヶ月間給付金を支給いたします。
  • ・高等学校卒業程度認定試験合格支援
    高卒認定試験の合格を目指して、民間事業者が実施する対策講座を受講する場合に、その費用の一部を支給いたします。

災害遺児支援金支給事業

国指定の災害または交通事故により、父母または父母の一方を失った児童を養育する者に対して、遺児支援金を支給いたします。

支給金額

 0歳~ 6歳(未就学児) 年額200,000円
 7歳~15歳(小・中学生) 年額300,000円
16歳~18歳(学生等) 年額400,000円

手続きなどの質問

Q.児童手当は一度申請すればよいのですか?
A.いいえ、毎年審査のために現況届を提出していただくことが必要です。
また、住所やご家族の生活が変化した際に手続きが必要になる場合があります。
詳しくは下記問合せ先まで。
Q.市外の避難先で、子どもの医療費は助成されるのですか?
A.市外の相馬市、新地町以外へ避難されている場合、上記のように一度お支払の上、診療点数のわかる領収書と申請書を送っていただきます。

【問合せ】こども家庭課 0244-24-5215

page top